YouTubeチャンネル別館しずくの宝箱Ai-BOXここをクリック

ラスベガスにUFO墜落?複数の情報「3m近い緑色のエイリアンのような生き物」通報で警察出動の感想

ラスベガスでUFOが墜落したという衝撃的なニュースが飛び込んできました。現場には警察が出動し、目撃者からは驚くべき証言が寄せられています。一体何が起こったのでしょうか?

引用元

日刊スポーツhttps://www.nikkansports.com/entertainment/news/202306120000333.html

ラスベガスでUFOが墜落したという衝撃的なニュースが飛び込んできました。
現場には警察が出動し、目撃者からは驚くべき証言が寄せられています。
一体何が起こったのでしょうか?ラスベガスで起こったUFO墜落事件について、
目撃情報や警察の対応、UFOに関する歴史的背景などを包括的に報じます。
被害者や被害状況が無いなど被害が少ないため、珍しいUFO事件として注目されています。

目次

ラスベガスでUFO墜落事件が発生?

2023年4月30日から5月1日にかけて、ラスベガスの郊外で大きな爆発音とともに
火の玉が空から落ちてきたという通報が複数寄せられました。
現場には警察や消防、救急隊などが駆けつけましたが、
火災や負傷者は確認されませんでした。
しかし、通報者の一部は、火の玉の中にUFOのようなものを見たと主張しています。
また、現場近くの住民からは、「3m近い緑色のエイリアンのような生き物」を見た
という証言もあります。これらの情報は真実なのでしょうか?

目撃者から寄せられた衝撃的な証言

ラスベガスで起こったUFO墜落事件について、
目撃者からは様々な証言が寄せられています。以下に、代表的なものを紹介します。

「夜空に明るい光が見えたんです。それがだんだん大きくなってきて、
爆発音とともに地面に落ちました。その光の中には、円盤型のものが見えました。
それがUFOだと思いました」(男性・40代)

「私は家でテレビを見ていたんですが、突然大きな音がしました。
外に出てみると、近くの空き地に火の玉が落ちていました。
その火の玉の中から、緑色の生き物が出てきました。
それは人間のような形をしていましたが、頭が大きくて目が六つありました。
それは私に気づいて、手を振ってきました。
私は驚いて家に入りました」(男性・60代)

「私は車で走っていたんですけど、突然空から火の玉が降ってきました。
それが道路に落ちて爆発したんです。私は怖くて車を止めました。
その時、火の玉の中から何かが飛び出してきました。
それは緑色で、エイリアンみたいな姿をしていました。
3mくらいあったと思います。それが私の方に走ってきたので、
私は車をひっくり返して逃げました」(女性・20代)

警察の対応と公式コメント

ラスベガスで起こったUFO墜落事件について、警察は現場を封鎖し、捜査を行っています。警察庁長官は記者会見で、以下のような公式コメントを発表しました。

  • 「現時点では、火の玉が何であったかは断定できません。しかし、我々はUFOやエイリアンの存在を否定しません。我々は真実を究明するために全力を尽くします」
  • 「目撃者から寄せられた証言は重要な手がかりです。しかし、それらはまだ確認されていない情報です。我々は客観的な証拠を求めます。目撃者の方々には協力をお願いします」
  • 「現場にはUFOやエイリアンの痕跡は見つかっていません。しかし、それは彼らが逃げたか、隠されたかのどちらかだと考えられます。我々は現場周辺を徹底的に捜索します」

UFOに関する歴史的背景

ラスベガスで起こったUFO墜落事件は、世界中で注目されています。しかし、これは初めてではありません。実は、UFOやエイリアンに関する目撃情報や事件は、歴史上何度も報告されています。以下に、代表的なものを紹介します。

  • 1947年7月:米国ニューメキシコ州ロズウェルでUFOが墜落したというニュースが報じられる。米軍はUFOとエイリアンの死体を回収したという噂が広まるが、公式には気球の残骸だと発表する。
  • 1952年7月:米国ワシントンD.C.上空にUFOが出現する。レーダーにも捉えられたUFOは高速で移動し、戦闘機も追いつけなかった。
  • 1961年9月:米国ニューハンプシャー州で夫婦がUFOに拉致されたと主張する。彼らはエイリアンに身体検査を受けたと証言し、後に催眠療法で詳細な記憶を回復する。
  • 1973年10月:米国ミシシッピ州で漁師二人がUFOに拉致されたと主張する。彼らはエイリアンに触れられたと証言し、身体に針のようなものを刺されたという傷跡を見せる。
  • 1989年11月:ベルギーでUFOが出現する。三角形の形をしたUFOは低空で静かに飛行し、複数の目撃者やレーダーによって確認される。
  • 1997年3月:米国アリゾナ州でUFOが出現する。巨大なV字型のUFOは数千人の目撃者によって報告され、一部の人々はエンジン音や振動を感じたという。
  • 2004年11月:米国カリフォルニア州沖でUFOが出現する。米海軍の戦闘機が追跡するが、UFOは高速で逃げる。後に公開された映像や音声記録が話題になる。
  • 2017年12月:米国ペンタゴンがUFO研究プログラムの存在を認める。2007年から2012年まで約220億円を投じてUFOの目撃情報や映像を分析していたことが明らかになる。

感想
ラスベガスで起こったUFO墜落事件は、世界中で注目されています。目撃者からは衝撃的な証言が寄せられており、警察も真実を究明するために捜査を行っています。しかし、これまでにもUFOやエイリアンに関する目撃情報や事件は多数報告されており、そのほとんどは未解決のままです。UFOやエイリアンの存在は本当なのでしょうか?それとも、人間の想像力や錯覚なのでしょうか?
NASAが2022年にNASA UFOなど正体不明現象の研究チームを作り2023年5月31日、このチームのメンバーを集めた会議を公開しました。

NASA UFOなど正体不明現象の研究チームが会議を公開

引用元NHKhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20230601/k10014084991000.html

これから解明されていくのかもしれませんね
ラスベガスで起こったUFO墜落事件について、目撃情報や警察の対応、UFOに関する歴史的背景などを包括的に報じました。被害者や被害状況が無いなど被害が少ないため、珍しいUFO事件として注目されています。あなたはどう思いますか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次