YouTubeチャンネル別館しずくの宝箱Ai-BOXここをクリック

Photoshopのジェネレーティブ塗りつぶしで画像編集の常識が変わる!会話形式でわかりやすく解説

目次

Photoshopの新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」は、AIが画像に合わせて自動的にオブジェクトを追加したり削除したり拡張したりできる画期的な機能です。この記事では、会話形式でジェネレーティブ塗りつぶしの使い方やメリットを徹底解説します。

しずく
しずく

Photoshopの新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」を知っていますか?

🖼ジェネレーティブ塗りつぶしとは、AIが画像に合わせて
自動的にオブジェクトを追加したり削除したり拡張したり
できる画期的な機能です。
これまで複雑なレタッチテクニックが
必要だった作業が、数分で簡単にできるようになります。
この記事では、会話形式でジェネレーティブ塗りつぶしの
使い方やメリットを徹底解説します。
フォトショ初心者でも簡単に画像編集ができるようになるので、
ぜひ参考にしてください。

こんにちは、ロボット先生。今日はPhotoshopの新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」
について教えてもらえますか?

もちろんです。ジェネレーティブ塗りつぶしは、Photoshop(Beta)版で
使えるAI技術を利用した革新的な機能です。
シンプルなテキストプロンプトを使って、
非破壊的に画像のコンテンツを追加したり削除したり拡張したりできます。

すごいですね。どんなことができるんですか?

例えば、こんなことができます。

オブジェクトを生成
画像内の領域を選択し、テキストプロンプトを使って追加する
コンテンツを説明します。
例えば、「forest」と入力すれば森林が生成されます

背景を生成
被写体の背景を選択し、テキストプロンプトから新しいシーンを生成します。例えば、「beach」と入力すれば海岸が生成されます。

画像を拡張
画像のカンバスを拡張し、
空白の領域を選択します。
プロンプトを使用しないで
生成すると、シーンが
その雰囲気に合わせて
拡張されます。
プロンプトで生成すると、シーンの残りの部分を拡張しながら
コンテンツが画像に追加されます。

  • オブジェクトを削除
    削除するオブジェクトを
    選択し、プロンプトなしで生成すると、
    そのオブジェクトが消えて周囲と自然に馴染むように補完されます。

それはすごいですね。どうやって使うんですか?

まずはPhotoshop(Beta)版をインストールする必要があります。
Creative Cloudデスクトップアプリケーションから「Beta版アプリケーション」タブに
アクセスして、「Photoshop(Beta)」の横にある「インストール」を選択します。

そうですか。インストールしたらどうすればいいですか?

次に編集したい画像を開きます。そして任意の選択ツール(例えば長方形選択ツールやなげなわツール)で目的の領域やオブジェクトを選択します。その後コンテキストタスクバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ボタンを選択します。

そうするとどうなるんですか?

そうするとテキスト入力プロンプトボックスが表示されます。ここに英語で生成するコンテンツやシーンについて説明を入力します。空白のままでも大丈夫ですが、その場合はPhotoshopがその雰囲気に応じて選択範囲を塗りつぶします。

英語しか使えないんですか?

現在は英語しかサポートされていません。最良の結果を得るためには、記述的な名詞や形容詞(例えば「forest」「beach」「red car」など)を使ってください。

分かりました。それからどうすればいいですか?

それから「生成」ボタンをクリックします。すると属性パネルとジェネレーティブ塗りつぶしダイアログ(使用されている場合)にテキストプロンプトに基づいて生成されたバリエーションのサムネールプレビューが表示されます。

バリエーションとは?

バリエーションとは、同じテキストプロンプトで生成された異なる画像のことです。PhotoshopがAI技術を使って、複数の可能性を提示してくれます。

それは便利ですね。ジェネレーティブレイヤーを使うと、
非破壊的に画像編集ができるんですね。

はい、そうです。ジェネレーティブレイヤーを使うと、元の画像に影響を与えることなく、
無数にあるクリエイティブの可能性を最大限に活かすことができます。
それでは、ジェネレーティブ塗りつぶしの使い方やメリットについて、
今日はこれで終わりにしましょう。

ありがとうございました。ジェネレーティブ塗りつぶしは本当にすごい機能ですね。Photoshop(Beta)版をインストールして、早速試してみたいと思います。

どういたしまして。Photoshop(Beta)版はまだ開発中なので、不具合や改善点があればAdobeにフィードバックしてくださいね。それでは、また次回お会いしましょう。

Photoshopの新機能「ジェネレーティブ塗りつぶし」について、会話形式でわかりやすく解説しました。ジェネレーティブ塗りつぶしは、AIが画像に合わせて自動的にオブジェクトを追加したり削除したり拡張したりできる画期的な機能です。これまで複雑なレタッチテクニックが必要だった作業が、数分で簡単にできるようになります。

ジェネレーティブ塗りつぶしを使うには

Photoshop(Beta)版をインストールする必要があります。Photoshop(Beta)版はCreative Cloudデスクトップアプリケーションから「Beta版アプリケーション」タブにアクセスしてインストールできます。(Creative Cloudに登録してない場合はアカウントを作成して使うことができます。1週間無料で試せます)インストールしたら、編集したい画像を開き、任意の選択ツールで目的の領域やオブジェクトを選択します。その後コンテキストタスクバーから「ジェネレーティブ塗りつぶし」ボタンを選択し、テキスト入力プロンプトボックスに英語で生成するコンテンツやシーンについて説明を入力します。空白のままでも大丈夫ですが、その場合はPhotoshopがその雰囲気に応じて選択範囲を塗りつぶします。「生成」ボタンをクリックすると、テキストプロンプトに基づいて生成されたバリエーションのサムネールプレビューが表示されます。サムネールプレビューをクリックすると、そのバリエーションが画像に反映されます。

ジェネレーティブ塗りつぶしは非破壊的な機能なので、元の画像に影響を与えることなく、無数にあるクリエイティブの可能性を最大限に活かすことができます。また、ジェネレーティブレイヤーはスマートオブジェクトなので、ダブルクリックすると別のウィンドウで編集することができます。

Photoshopのジェネレーティブ塗りつぶしは、画像編集の常識を変える革新的な機能です。フォトショ初心者でも簡単に画像編集ができるようになるので、ぜひ試してみてください。

今回YouTubeのチャンネルに使い方をUPしていますので是非参考にしてください

PhotoshopにAI機能が追加されました!ジェネレーティブ塗りつぶし!!一緒に見ていきましょう

お借りした画像:https://www.pexels.com/ja-jp/


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次