YouTubeチャンネル別館しずくの宝箱Ai-BOXここをクリック

ChatGPTで簡単にWebアプリを作ろう!GPTAppの魅力と使い方を徹底解説

ChatGPTは、自然言語でWebアプリを作成できる画期的なサービスです。
GPTAppは、ChatGPTを使ってWebアプリを公開できるプラットフォームです。
この記事では、ChatGPTとGPTAppの魅力と使い方を分かりやすく解説します

目次

ChatGPTで30秒でWebアプリを作る方法とは?GPTAppの使い方と魅力を紹介

ChatGPTとは何か?

まずは、ChatGPTというAIについて説明します。
ChatGPTとは、自然言語処理(なんごしょり)という技術を使って、人間と会話ができるAIです。
自然言語処理とは、人間が話したり書いたりする言葉を
コンピューターが理解したり生成したりする技術のことです。

ChatGPTは、様々なテーマやジャンルに対応できる万能なAIで、
文章生成やコード生成なども可能です。文章生成とは、ユーザーが入力した内容に基づいて、
AIが文章を作ることです。コード生成とは、ユーザーが入力した内容に基づいて、
AIがプログラムのコードを作ることです。

ChatGPTは、API(エーピーアイ)として提供されており、
自分のサービスやアプリに組み込むことができます。
APIとは、コンピューター同士がやり取りするための決まりごとのことです。
APIを使うことで、ChatGPTの機能を自分のサービスやアプリに簡単に追加することができます。

GPTAppとは何か?

次に、GPTAppというサービスについて説明します。
GPTAppとは、ChatGPTを使って30秒でWebアプリを自動生成するサービスです。
Webアプリとは、インターネット上で動くアプリケーションのことです。

GPTAppは、ユーザーが欲しいWebアプリの説明を書くだけで、
ChatGPTがWebアプリを生成しWeb公開します。Web公開とは、
インターネット上で誰でも見られるようにすることです。
例えば、「神経衰弱」とだけ入力すれば、神経衰弱のゲームが作られます。
GPTAppは、無料で利用でき、Webサイトにはユーザーがこれまで
生成したWebアプリの一覧が掲載されています。
他のユーザーが生成したWebアプリを見たり使ったりすることもできます。
GPTAppの開発会社は株式会社ミリオンダウトで、AIを活用した開発や
コンサルティングの統合サービス「GPT X」を提供予定です。
「GPT X」では、ChatGPTのAPIを使ったサービス開発やコンサルティングなどを行っています。

GPTAppの使い方と注意点

  • GPTAppの使い方は簡単で、公式サイトにアクセスして作って欲しいWebアプリの内容を入力します。
  • 少し時間がかかりますが、アプリの作成が開始されます。
  • 生成されたWebアプリをブラウザ上で実行できます。
  • 生成されたコードの例も確認できます。
  • GPTAppはまだベータ版なので、バグや不具合がある場合があります。
  • GPTAppはChatGPTの利用規約に従って使用する必要があります。

GPTAppで作れるWebアプリの例

  • GPTAppでは、様々な種類のWebアプリを作ることができます。
    例えば、以下のようなWebアプリが作れます。
    • 神経衰弱
    • 二つの時刻の差分を表示するツール
    • ポケモン図鑑
    • ランダムな名言を表示するアプリ
    • タイピングゲーム
    • クイズアプリ
    • etc.



実践してみたよ!遊んでみてね★

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次