YouTubeチャンネル別館しずくの宝箱Ai-BOXここをクリック

chatGPTとCANVAの組み合わせで31日分一括で作る方法

Instagramリールを1時間で3日分作ろう!

chatGPTとCANVAは、それぞれAIとデザインツールですが、これらを組み合わせることで、より効率的かつクオリティの高いコンテンツ作成が可能になります。具体的には、chatGPTでリールのアイデアやキャプションを生成し、スタイルシートでデータを整理し、CANVAの一括作成ツールでリールの画像や動画を作成・編集するという方法があります。

この記事では、この方法について詳しく解説します。
目的は、Instagram31日分のリールを1時間で作ることです。

目次

chatGPTでリールのアイデアやキャプションを生成する

ねえ、Instagramのリールって作ってる?

うん、たまにね。でも時間がかかるから、もっと効率的に作りたいな。

そうなんだ。じゃあ、私が教えてあげるよ。
chatGPTとCANVAの組み合わせの方法。
スタイルシートを使いCANVAの一括作成ツールで作る方法って知ってる?

え?それって何? 

chatGPTとCANVAは、それぞれAIとデザインツールなんだけど、
これらを組み合わせることで、より効率的かつクオリティの高い
コンテンツ作成が可能になるんだ。

へえ、すごいね。でも、どうやって使うの?

まず、chatGPTでリールのアイデアやキャプションを生成するんだ。
テキストを入力すると、それに応じたテキストを返してくれるよ。

 例えばどんな感じ?

例えば、こんな感じで回答が返ってくる

今回はダイエットの格言を考えてもらいました。プロンプトを打ち込みます。
【3つのパートで構成される格言を作ってください 文章構成は、以下の順で作ってください
パート1:興味関心を引く提案。簡単なダイエット方法の格言+今日から…
パート2:『事実を証明する理由付け』
パート3:共感した人へのコメントを喚起するCTA 例えば、こんな風に記載してください パート1 今日のダイエット方法はこちら。
パート2 30分歩いてみる
パート3 あなたは今日できそうですか?
格言のテーマは
『毎日これをやってみようダイエットスケジュール』で作成お願いします】

こんな感じで回答してくれる
因みに10個アイディアを出してもらったよ
一度にアイディアをもらうより
小分けにした方が途中で
止まりにくいです。

おお、それは便利だね。
でも、これだけじゃリールにはならないよね。

スタイルシートでデータを整理する

次に、スタイルシートでデータを整理するの。
スタイルシートとは、表形式でデータを管理することができるファイル形式で、
GoogleスプレッドシートやMicrosoft Excelなどの
スプレッドシートプログラムで作成・編集することができる。 

31日分のアイディアをスタイルシート形式にする。

すべて貼り付けたら
CSV形式でダウンロードする。

そういうことか。でも、どうしてスタイルシートでデータを整理する必要があるの? 

タイルシートでデータを整理することで、CANVAの一括作成ツールに
インポートしやすくなるからね。
データの修正や追加も容易に行えるの。 
ここで注意したいのがchatGPTにもらったアイディアをそのまま載せるのではなく
その回答は間違っていないかチェックをして
その内容を参考に自分流に変えてみるのが大事だよ

なるほど、自分スタイルにするんだね
ところで、CANVAの一括作成ツールって何?

CANVAの一括作成ツールでリールの画像や動画を作成・編集する

CANVAは、オンライン上でグラフィックデザインを
作成・共有・印刷することができるツールで、
ウェブサイトやブログ、SNSなどに使用できる画像や動画、
ロゴやポスター、名刺やチラシなど、さまざまな種類のデザインを
作成することができるんだ。CANVAの一括作成ツールとは、
スプレッドシートなどのデータリストから一括で
デザインを作成できる機能で、同じデザインで複数のバージョンを
効率よく作れる画期的な機能。 
ただしすべての機能を使うにはプロ版にしないと使えないの。
Canva Proには1ヶ月間の無料トライアルがあります。

https://www.canva.com/

なるほど。じゃあ、CANVAの一括作成ツールでリールの
画像や動画を作成・編集するには、どうすればいいの? 

それは簡単だよ。CANVAにログインした後、ホーム画面から「テンプレート」を
クリックして、「Instagramリール」を検索します。
好きなテンプレートを選んでクリックすると、編集画面に移動する。

ホーム画面でリールと検索

ここで、テキストや画像や動画などの要素を追加・削除・変更したり、色やフォントやサイズなどのスタイルを変更したり、エフェクトやアニメーションなどの機能を追加したりします

なるほど!ここで31日分リールのテンプレートも作ってしまうんだね

編集が完了したら、エディターのサイドパネルで、「アプリ」を選択する。
「Canvaのその他のアプリ」で、「一括作成」を選択するよ。

スタイルシートで作成したCSVファイルをアップロードする。
デザイン上の素材(テキストや画像など)に対応するデータフィールド(列)を割り当てる。例えば、「パート1」の素材に「アイデア」のフィールド、「パート2」の素材に「理由」のフィールド、「パート3」の素材に「まとめの言葉」のフィールドを割り当てます

そうすれば、自動的にリールが生成されるんだね。

使用するデータ(行)を選択して、「生成」をクリックすると、
一括作成したページが新しいタブで開く。
ページが正しく生成されているかどうかを確認して、
必要に応じて素材を調整するよ。最後に、「ダウンロード」ボタンをクリックして、
ファイル形式(MP4やGIFなど)とサイズ(小・中・大)を選択してダウンロード。

わあ、それはすごいね。
それでInstagram30日分のリールを1時間で作れるんだね。

慣れてくると1時間で作れちゃう。
これで時間も労力も節約できるし、クオリティも高くなるし、最高だよね。

ありがとう。早速試してみるね。

ちなみに今回31日分作ったインスタリールは
Instagramで毎日アップするよ
そして実際作っている作業内容をYouTubeチャンネルにて公開しています
是非フォロー、チャンネル登録よろしくお願いします

まとめ

この記事では、以下の内容を解説しました。

  • chatGPTでリールのアイデアやキャプションを生成する
  • スタイルシートでデータを整理する
  • CANVAの一括作成ツールでリールの画像や動画を作成・編集する

これらの内容を参考にして、自分なりのオリジナルなリールを作成してみましょう。
chatGPTとCANVAは、それぞれAIとデザインツールです。
これらを組み合わせることで、効率的かつクオリティの高いコンテンツ作成が可能になります。
スタイルシートは、表形式でデータを管理することができるファイル形式です。
CANVAの一括作成ツールは、スプレッドシートなどのデータリストから
一括でデザインを作成できる機能です。

YouTubeチャンネルにて作り方を公開しています。
【別館しずくの宝箱】


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次